有限会社エンジェルスクローゼット様の声

エンジェルスクローゼット様の声.jpg

 

有限会社エンジェルスクローゼット様、飯田代表取締役様(真中左)とスタッフの皆様


2012年5月でアウトソースをしていただいて、約1年が過ぎました。

急遽、エンジェルスクローゼット様にお伺いして、お客様の声の突撃取材を行いました。

お忙しいにも関わらず、快くご対応いただいて、本当に感謝です。

このようなスタッフさんの日頃の対応が、エンジェルスクローゼット様のお客様にも感謝を提供しているんだなあと思いました。

また、今回の取材時に、スタッフさんの写真撮影を行ったのですが、率先して飯田代表様がカメラを手にとって撮影の協力をしていただけました。

DSCF2186.jpg

  【飯田社長さんが一番楽しんでいます】

 

どんなときでも前向きに一番になって楽しんでしまう社長さんだからこそ、スタッフの方は笑顔で一生懸命に業務に取り組んでいられると思います。

 

有限会社エンジェルスクローゼット様は、こんな会社


代表者の飯田社長様が、輝く瞳の笑顔を増やそうをモットーに、インターネットにて子供用のドレスを販売されている会社様です。

2003年4月に、わずか5着のドレスでたった一人で起業したのが始まりのようです。

現在の販売サイトはこちら。

起業当初は、かなり大変だったようですが、モットーである「輝く瞳の笑顔を増やす」をずっと実践し続けてきたように感じました。

飯田社長様曰く、周りを笑顔にするには、まず自分自身が笑顔であり続けること必要とのこと。

 

最近では、ネット販売だけでなく、リアルな実店舗もオープンしました。

インターネットでの販売は、お客様の顔が見えないですが、実店舗では、お客様の顔が見えるようになり、スタッフさんの教育にすごく良い効果をもたらしているとのこと。

また、遠方からわざわざ、来店されるお客様もいるそうです。

実店舗については、こちら。

 

自社で行っていた物流業務をアウトソース


エンジェルスクローゼット様は、自社にて販売から発送までを行っていました。

業務の拡張とともに、商品の発送にあたる物流業務をアウトソースすることに。

アウトソースする物流会社さんを探しているときに、弊社のホームページを見つけていただき、物流面でのお手伝いさせていただくことになりました。

 

アウトソースするにあたって、問題点があったとのこと。

ひとつが、商品の把握。商品自体にバーコードラベルなどが着いていない状態でしたので、アウトソース先の物流会社さんが、きちんと把握できるかがひとつ。

そして、もうひとつが、入荷時のアイロン掛けや補修作業の対応の問題。

 

結局のところ、弊社が物流のお手伝いをさせていただくことになりましたが、弊社もアイロン掛けや補修の作業を行った経験はありませんでした。

そんな状況で、なぜ?弊社を選んでいただけたのかと聞いたところ、「アウトソース後にやりたいことを実現してくれそうだったから」とのことでした。

 

JLD: お取引をさせていただいて、約1年が過ぎました。

      ありがとうございます。約1年が経過して、お取引させていただいた感想は?

エンジェルスクローゼット様(以下AC): そうですね。まず、アウトソースの本来の目的であった、販売に力をいれることができたことが嬉しいです。アウトソースした当初は、スタッフも戸惑いながらでしたが、やっと落ち着いた感じです。

JLD: それは良かったです。

AC: アウトソースしたときは、商品の把握をどのように行うかが不安でした。自社で発送業務を行っているときは、商品知識のあるスタッフが発送業務を行っていましたから、名前だけで商品を把握していました。それをどのように対応して管理していくのかが不安でもあり楽しみでもありました。

JLD: ん?楽しみですかあ〜(笑)

AC: 在庫時には、商品バーコードを貼り付けるので大丈夫ですよね。でも、商品が入荷したときは、ほとんどの商品が商品を見ての判断しかないのですから、そのあたりが・・・。

JLD: 弊社のスタッフも初めは苦戦してましたが、御社の販売サイトをみれば、答えがでてます。なので、スタッフの希望もあり、現場にPCを設置して、すぐに商品が見れるようにしました。それでも分らなければ、電話して聞く。それだけです。

AC: たしかに、はじめは電話の数も多かった思い出が。今では、JLDさんのスタッフさんのほうが、商品のこと詳しかったりしますもんね!(笑)

JLD: はっ、はっ、はあ〜(笑)

AC: 今後も出荷を増やせるように、頑張りますのでスタッフさんにもヨロシク伝えてください!

JLD: ありがとうございます!

 

                                 このページのはじめに戻る

                                          

有限会社モーハウス様の声

A5E2A1BCA5CFA5A6A5B9CDCDA4CEC0BC[1].jpg

弊社へアウトソースされたクライアント様のスタッフさんが、こんな風に笑顔になってくれて嬉しい限りです。

そんな笑顔が絶えない弊社のクライアント様の有限会社モーハウス様のスタッフさんに、「アウトソースそして現在」についてお話を聞かせていただきました。

 

モーハウス様はこんな会社です。


モーハウス様は、「授乳服、授乳用インナーの製作・販売、出産・子育てイベントの企画制作」を事業として行っている会社様です。 

詳しくはこちら。

リアル店舗として都内の青山にお店があるのですが、2011年9月3日に茨城県つくば市のLALAガーデンにもリアル店舗を出店して、ネットとリアルを上手に使い分けていて、すごく勉強になる会社様です。

リアルの店舗の詳細はこちら

そんなモーハウス様は、弊社とお取引いただく前は、つくばの本社近くの倉庫に荷物を預けて、保管と発送のみを行っていました。帳票出力などはほぼ自社にて行っていたようです。事業の拡張とともに、もっと幅広く対応してもらえる物流会社さんを探している中で、ヤマト運輸さんからの紹介にて、弊社にアウトソースになりました。弊社を紹介いただくまでにモーハウス様にて物流会社さんを数社あたっていたようです。

もともと依頼していた倉庫さんの対応が基準値になっていたので、モーハウスさんのスタッフさんは物流会社さんはそんなものだと考えていたようです。

そんな経緯で弊社にアウトソース先を決めていただきました。とにかく物流会社の対応力の基準値が以前の物流会社さんの対応が基準でしたので、いかに”物流会社の対応の基準値”を変えることが重要でした。

 

お昼休みをきちんと取れるようにしましょうね!


以前は、事務所の近くの倉庫で発送をしていました。

発送に必要な帳票類を自分達で作成をして、倉庫に持ち込み発送の毎日。

発送の時間の兼ね合いもあり、時間と業務に追われる毎日でした。

繁忙期になると、お昼も取れないこともしばしば・・・。

 

当時、一番困っていたのは在庫の管理です。

机上在庫と実在庫が一致しないことも多く、発送当日になって「在庫がありません」なんて、倉庫会社さんから言われることも多かったです。

なるべく早くお客様の手元に届けてあげたいのに、これでは。

そんな状況をなんとかしたいと思い、物流会社さんを探し始めました。

日本物流さんは、ヤマト運輸さんが紹介してくれた会社です。

もともとが、自分達でほとんどの業務を行ってましたから、アウトソースするということにとても不安がありました。

でも、ヤマト運輸さんが紹介してくれる会社ですから、大丈夫だと思い取引開始です。

取引を始めて約5ヶ月となりますが、本当に日本物流さんでよかったと思ってます!

在庫の管理は、入庫〜出庫までをバーコード管理していただいてます。

受注データもメールのやり取りでなく、日本物流さんのサーバー内でモーハウス専用システムにアップロードしてます。同時に在庫の引当て処理をしますので、すぐに在庫状況がわかるのがとても気に入ってます。

”不足商品””誰に発送できない”などが、すぐに閲覧できます。

入庫〜出庫のログも残ってますので、安心して任せられます。

今まで自分たちで行っていた業務もほとんど任せられるので、繁忙期でもお昼休みがきちんと取れるようになりました。(^^♪

日々の業務でも、電話のやり取りがあるのですが、ワンコール、ツーコールで電話に出るところなんかは「当たり前のことがきちんとできてる会社」だなあって思います。

弊社もお客様からの要求はさまざまで、相談してもレスポンスがとても早く、対応力がすごく高いのには助かってます。

これからもいろんなお願いすると思いますが、よろしくお願いしま〜す!

 

事務所を移転して・・・。


現在は事務所を移転して、以前の事務所より広くなり、その分仕事が行い易い環境になりました。

良い環境で仕事ができるので、日本物流さんの発送の仕事量が増やせるように、頑張ります!

スタッフさんにも、引き続き発送のほうを宜しくお願いします。 

 

モーハウス様の通販ショップは下記にてご覧になれます。

モーハウスバナー.jpg

 

                    このページのはじめに戻る

 

株式会社ジンインターナショナル様の声

弊社は、ジンインターナショナル様(http://www.jin-co.net/)とは、約4年間の物流のお手伝いをさせていただいております。

弊社もジンコーポレーション様の物流をお手伝いさせていただいている立場として、大きな戦略のなかでの物流のお手伝いができて、とても光栄だと感じています。

そんな勢いのある会社を支えるグループ会社のジンインターナショナル様の 菅原次長様、野瀬主任様 と商談も兼ねて、「物流会社さんに求めるもの」と題してお話を聞かせていただきました。

 

 

ジンインターさん声.jpg

株式会社ジンインターナショナル / 菅原次長 様、野瀬主任 様


 

弊社 : いつも大変お世話になっております。

ジンインターナショナル様(以下、JINにて表記  : こちらこそ、いつもわがまま聞いていただきありがとうございます。

 

 

 

弊社 : そういえば、先日の在庫計上の不備は申し訳ございません。(実は、数ヶ月前に在庫数の入力ミスで迷惑をかけてしまったのです)

JIN  : あ〜、そうでしたね。でも、その後の処置と対応策を早く考えていただいたので大丈夫です。それと、対応策をスタッフさんが早く行動に移してくれるので、関心しています。

 

 

 

弊社 : そんな風に言っていただいて、ありがとうございます。在庫管理は弊社のサービスの生命線のひとつですから、スタッフ共々基本的なことを徹底していきます。

JIN  : 引き続き、よろしくお願いします。ジンインター様声バナー1.jpg

 

 

     〜 ここからは、本題の商談中 〜

 

 

弊社 : それでは商談の件は、いくつかあたってみますので、しばらくお待ちください。

 

ところで、御社(ジンインターナショナル様)にとって物流会社さんに求めるものって、どんなことですか?

 

 

JIN  : ん〜、まず価格かな。価格は安いに越したことはないのですが、安かろう悪かろうでは意味がないと思ってます。

弊社 : そうですよね。弊社は高いですよね。

 

 

 

JIN  : 価格だけを同業者さんと比べると確かに高いです。しかし、価格が高い分、後ろ側のフォーローがきちんとしているので、取引してみると徐々に感じなくなります。それと新しいことや、弊社の要望なんかも、早いスピードで対応してくれるのは、本当に助かってます。

弊社 : ありがとうございます。

 

 

 

JIN  : 物流会社さんって、ほとんどが出荷を依頼するにしても、時間の制約とかデータの制約がありますよね。その点、物流開発さんは、そのあたりの制限がないですが、スタッフさんは大変ですよね。

 

 

 

弊社 : そうですね。確かに、倉庫の仕事って効率性が重視されますから、本音としては、時間やデータの制約をきちんと行いたいと思ってます。しかし、御社のようにアウトソースする側からしてみれば、その制約が邪魔をして、本来優先順位が先の業務が後回しになることが不安になるのです。

JIN  : どういうことですか?

 

 

 

弊社 : 弊社としては、アウトソースをしていただいたクライアントさんの発展が一番嬉しいのです。発展している会社さんの多くは、スタッフさんはいくつもの業務を兼務しています。例えば、その業務の中に、「物流会社への出荷指示」と「新事業の推進」があった場合。出荷が間に合うレベルでの時間であれば、「新事業の推進」を優先してもらいたいのです。

JIN  : それは、心強い!

 

 

 

弊社 : 本音は、クライアントさんが発展すると、弊社の仕事量が増えて売上が上がるのを・・・。(笑)

 

 

 

JIN  : とはいえ、スタッフさんの多くはパートさんですよね。スタッフさんが、しっかりしていないと難しいですよね。

弊社 : はい、そうですね。そのあたりは意識して、体制を整えてます。外部講師を呼んでパソコンの勉強会なども定期的に行ってます。いろんな会社さんに合わせた対応となると事務処理のいろんな対応がパートスタッフにも必須なんです。

 

 

 

JIN  : 弊社にとっては、物流さんは弊社の物流部みたいな感覚に近いですね。

弊社 : そんな風に思っていただくのが、仕事をしていて一番嬉しく思います。営業所の行動指針は、「物流業務を通じてお客様に喜びと感動を与える」ですから。

 

 

 

JIN  : 弊社以外の仕事で忙しくならないでね、って感じです。

弊社 : それは困りますけど、どんなに忙しくても、きちんと良いサービスを提供できるようにしていきます。本日は、お忙しい中ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

                               このページのはじめに戻る

 

 

 

 

株式会社ナンバーワン様の声

株式会社ナンバーワン様の増本代表取締役 様、清水 様に弊社のサービスについてストレートに聞いてきました。

株式会社ナンバーワン様はこんな会社です。→ こちらから

 

ナンバーワン様は、「一番本舗」の屋号で、ひたちの桑茶、毎食桑茶、ヤーコン緑茶などの健康食品の販売を行っています。もともとほぼ自社にて発送を行っていた会社様です。販売をメインにシフトしていく方向の中、アウトソース先を探して弊社とお取引となりました。

 

ナンバーワン様画像.jpg

株式会社ナンバーワン 様 

増本代表取締役 様(写真右)、清水 様(写真左)


弊社 : いつもお世話になっております。

ナンバーワン様(以下 NO1 にて表記) : こちらこそ。本当に、物流開発さんの対応スタッフさんには感謝しています。

 

弊社 : ありがとうございます。ナンバーワン様の対応は、パートスタッフがメインで行ってますが、問題はないでしょうか?

NO1 : 問題はないですよ。というより、パートスタッフさんがここまでしっかりしていることに驚いてます。

 

弊社 : そうなんです。弊社では、パートスタッフのスキル向上も視野に入れて、いろんな取り組みをしています。社員スタッフより仕事ができるパートスタッフもいます。弊社のお客様にとっては、社員スタッフやパートスタッフ、新人スタッフとか全く関係ありません。誰がやってもきちんとしたサービスを提供するのが、弊社の役割なんです。だから、パートさんは正直、他の会社のパートさんになったほうが、全然楽だと思ってます。面接のときにも、話しますけどね(笑)

 

NO1 : それ言ったら、面接した人こないのでは・・・?

弊社 : そんなことないです。面接のときは事実を100%話して、納得してもらって入社してもらうようにしています。勤めてもらうために、脚色してもショウガナイですからね。どちかというと、悪いことをもっと悪く言う面接をしています。採用した人が、「面接で言っていること本当なんですね」って言うぐらいですから。

NO1 : それは、すごい。

 

弊社 : ところで、弊社に要望はありますか?

 

NO1 : 今のところは、ありません。先日も、パソコンのネットワーク環境の提案をいただき、すごく助かってます。

弊社 : その後は、いかがですか?

NO1 : キャノンの担当者さんが、すごくよく対応してくれるので助かってます。また、物流さんで実証済みのネットワーク環境ですから、安心してます。

弊社 : ありがとうございます。

 

NO1 : そういえば、あの案件も社内で検討しています。

弊社 : そうですか。ふと思いつきで話したのですが、おもしろそうなので、是非試してみてください。それでは、今後ともよろしくお願いします。

 

NO1 : こちらこそ!

 

ナンバーワン様は、こんな商品を販売しています。

一番本舗バナー.jpg

                               

                         このページのはじめに戻る